バイオセキュリティ

牧場での病気発生を抑制

病気の発生は酪農家のコストを著しく増大させます。例えば、2001年にイギリスで発生した口蹄疫はおよそ7億ユーロの損害が発生しました。

 

 

 

FAOによると、バイオセキュリティとは、農業、食品の安全、環境保護に直接関連する全体的なコンセプトです。

経済と環境の調和

デラバルは、社会、動物の健康、環境と経済性を上手に調和できるよう酪農家をサポートします。言い換えると、デラバルは酪農家が将来的に持続可能なビジネスを行えるようサポートします。

牧場や地域によってリスクは様々なため、全ての牧場にとって適切な”全世界共通の”バイオセキュリティ条件はありません。そのため、デラバルでは幅広いツールを提供しています。

特に現代の高密度な牛舎環境では、洗浄や殺菌はバイオセキュリティ計画において重要なつながりがあります。デラバルでは牧場周辺において使用できる数多くの製品を取り揃えています。

デラバルは、乳房や蹄の健康に関する製品、カウコンフォート製品やシステム、あらゆる牛舎のための糞尿処理製品も幅広く提供しています。今日、殺虫剤や殺鼠剤も含め、バイオセキュリティの分野での品揃えを拡大しています。

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.