動物のサイン

動物が示すサインとは何でしょう?牛は、絶えず健康状態や牛舎環境、飼料に関してシグナルを送っています。牛は行動、態度、ボディランゲージ、体の状態によって気持ちを表現します。ミルク生産量を最高のものにするために、これらのサインを有効に利用してください。まずは注意深く牛を観察し、理由を探り、牛と酪農ビジネスのために最善の解決策を見つけましょう。牛をよく観察し解決策を見出す訓練をしてください。

体温

牛の体温は38℃~39℃です。耳が冷たい時は、乳熱か血液の循環に問題がある可能性を示します。

趾腐爛や皮膚の剥けた蹄は、主に牛床や敷料の問題、あるいは不適切な牛舎装置、または蹄の感染で起こります。

反芻

牛は一日に7時間~10時間、飼料を40回~70回反芻する必要があります。反芻にそれだけの時間がかからないのは、飼料が不十分だということを示しています。

ルーメン

ルーメンは飼料で一杯でなければなりません。牛の後ろから見て胃の左側が出ていなければなりません。こぶしでルーメンを押すと5分間で10~12回しっかりと収縮しなければなりません。

注意深さ

健康な牛は周囲に注意し、光沢のある皮膚をしており、胃も一杯に満たされています。

首が腫れているのは、給餌フェンスが低すぎすか、牛舎設備の不適合のためです。

健康な牛は、採食中まっすぐ静かに立っています。傾いたり、跛行するのは蹄の状態が良くないことを示しています。これは、給餌飼料が良くない、床が悪い、蹄処理が良くない、といった原因で引き起こされます。

乳房

乳房の健康を評価するため、搾乳後の乳頭を良く見てください。良い乳頭は柔軟で、自然な色をしています。乳房の健康状態が悪いのは、衛生面に問題があったり、搾乳装置の据付が悪かったり、給餌飼料が不十分であることによります。

硬すぎず柔らかすぎでもなく、未消化の粒があってはいけません。

呼吸

牛は普通1分間に10~30回呼吸します。呼吸が速くなるのは、熱によるストレスか痛みや発熱を意味します。

出典:「カウシグナル」 ジャン・ヒュールセン著

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.