従来の搾乳における12のゴールデンルール

搾乳前

1. 乳房の健康状態の定期的な確認 2. 正しい搾乳順序の順守 3. 前搾りの実施 4. 乳頭と乳頭先端の洗浄/殺菌
1
 
2
 
3
 
4
 

搾乳中

5. 搾乳システムの確認 6. 最適なタイミングでのクラスター装着 7. 過搾乳の防止 8. クラスターの正しい取り外し
5
 
6
 
7
 
Detach milking cluster correctly
 

搾乳後

9. 速やかな乳頭ディッピングの実施 10. 速やかに搾乳装置の洗浄/殺菌 11. 適切な冷却 12. 定期的に搾乳結果を確認
Disinfect teats immediately
 
10
 
11
 
12
 


従来の搾乳‐詳細

搾乳前

1. 乳房の健康状態の定期的な確認

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • 定期的に乳房の健康状態を確認してください: (デラバル セルカウンターDCCなどを使用し)はじめは初産牛と分娩1~2週間後の牛を確認します
  • 検査機関から定期的に送られる乳質情報を確認してください
  • 各牛の各乳房における健康状態を記録・保管してください
  • 健康な牛のミルクのみを出荷してください

2. 正しい搾乳順序の順守

  • 乳房の健康状態を確認しながら、初産牛や健康な牛から搾乳を行ってください
  • 病気にかかっている牛は、最後に搾乳するかまたはグループを別けて搾乳してください

3. 前搾りの実施

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • 前搾りしたミルクは決して床に流さないでください
  • 各乳房からストリップカップに2~3回搾り取ります
  • ミルクにブツや色の変化、その他の異常が無いかを確認してください
  • 異常のあるミルクは分離します
  • 前搾りは乳汁降下を促す乳頭刺激にもなります

4. 乳頭と乳頭先端の洗浄/殺菌

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • 認可された前搾り用の乳頭クリーナーやタオルを使って、乳頭や乳頭先端を洗浄します
  • 搾乳前の消毒剤の使用が認められている場合: 認可された前搾りようの乳頭消毒剤を使用して、30秒待ってから拭き取ってください
  • ペーパータオルや布製のタオルを使って、乳頭を適切に乾燥させます
  • 同じペーパーやタオルを決して複数の牛に使用しないでください
     

搾乳中

5. 搾乳システムの確認

  • 毎回搾乳の開始時に、搾乳真空圧を確認してください
  • 真空圧、脈動数、脈動比率については、デラバルの推奨値に従ってください

6. 最適なタイミングでのクラスター装着

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • 常にきれいな状態であるかを確認し、必要ならば、牛と牛の搾乳の間でクラスターを消毒してください
  • 乳頭準備の後、30~90秒の間にクラスターを装着してください
  • クラスター装着中、エアが流入しないよう注意してください
  • クラスターの位置を確認してください
  • チューブのねじれを避け、ロングミルクチューブとパルスチューブの位置が正しいか確認してください

7. 過搾乳の防止

  • 搾乳中は搾乳進行具合を監視します: この時、他の作業は行わないでください
  • 過搾乳は乳頭先端を傷める危険があります
  • 直接ミルク流量を監視することで、また自動離脱の場合は流量センサーを経由して、搾乳の終わりを判断してください

8. クラスターの正しい取り外し

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • 搾乳が終了したとき、クラスターへの真空を手動または自動で遮断してください
  • クラスターを取り外す前に、クロー内真空圧が十分に下がっていることを確認してください
  • 乳房を圧迫しないよう注意してください
  • 真空を遮断した後、クラスターを離脱します
     

搾乳後

9. 速やかな乳頭ディッピングの実施

  • きれいな使い捨て用の手袋を着用してください
  • クラスターを取り外した後は出来るだけ早く、乳頭にディッピング剤を浸漬してください
  • 認可されたポストディッピング剤を使用しましょう: 伝染性乳房炎の広がりを避けるために最も有効な方法です
  • 搾乳後は、少なくとも30分間は牛を立たせておいてください

10. 搾乳装置の洗浄/殺菌

  • ミルキングパーラーやミルキングユニットの外側を洗浄します
  • 毎搾乳後、手動または自動のどちらかでミルキングシステムの内部を洗浄してください
  • 認可された洗剤を使用します: 投入量、温度、洗浄方法は洗剤タンクの貼付ラベルに従ってください
  • 殺菌工程を行う場合、認可された殺菌剤を使用してください: 投入量などは貼付ラベルに従ってください
  • ミルキングユニットを洗浄装置から取り外し、システムと装置を乾燥させます

11. 適切な冷却

  • 搾乳中及び搾乳後に、適切な冷却温度に達しているか確認してください
  • 乳業メーカー等の指示に従い決められた冷却温度であるか必ず確認してください
  • クーリングタンクは、集乳後すぐに洗浄してください

12. 定期的に搾乳結果を確認

  • 定期的に乳質、乳成分を確認してください
  • デラバル セルカウンターDCCなどをお持ちの場合は、それらの検査結果と定期的に比較確認してください
  • ライナーやチューブなどの消耗品の定期的な交換や適正なプリベンティブメンテナンスを行うことで、搾乳システムを良好に保つことが可能となります

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.