オプティフィーディング™システム

Optifeeding system

最適な給餌管理

酪農場経営を成功させるには、それぞれの飼料をひんぱんに、しかも一定の間隔で与えることが不可欠です。そのため、自動給餌システムを使用して給餌管理を最適化することは、収益性の見込める投資です。生産性と作業効率を高めることができるからです。デラバル オプティマット™は、粗飼料と混合飼料(TMR)の準備と給餌のためのシステムです。

デラバル オプティフィード™は、濃厚飼料とミネラルの給餌を自動的に行います。

段階的投資が可能

デラバル オプティフィーディング™システムでは、段階的な自動化が可能です。濃厚飼料システムとTMRシステムは、それぞれの酪農場のニーズに合わせて個別に、または組み合わせて設置することができます。

最適な栄養

どのレベルの自動システムにおいても、牛には、栄養価の高い餌によるメリットがもたらされます。TMRはより適切に混合され、給餌回数を増やすことで餌の摂取量が増加します。これは、牛の健康状態の向上と乳生産の増加につながります。

 

ムダを省いてコストを削減

• 作業量を減らし、時間を効率的に 管理することで、人件費を節減できます。デラバル オプティマット™は、毎日の作業に融通性をもたらします。
ミキサーへの投入作業を午前・午後の最も忙しい時間帯に行う必要がなくなります。

• 飼料材料の投入・混合を正確に行うことで、 濃厚飼料やミネラルを節約し、 飼料コストを抑制できます。

• 飼料をまとめて混合し、
給餌を合理化することで、エネルギーコストを削減できます。

• 飼料割当量の調節が容易で、 正確に給餌できるシステムにより、飼料のムダを削減できます。

• 保有機器を最大限に活用できます
- 給餌装置がそれぞれ独立して稼働するため、給餌を短時間で終わらせる必要がなくなります。1日中、正しい割合の飼料を用意することができます。

• 建設費用を節約できます - オプティマット自動給餌システムは、従来のミキサーワゴンに比べ、給餌テーブル上に必要なスペースが小さくなっています。

粗飼料から得られる乳生産を最大化 - 収益を拡大

• 飼料の質と給餌方法を最適にすることで、粗飼料の摂取量が増加し、乳生産量が高まります。

• 個々の牛またはグループに対し、泌乳サイクルに基づいて適切な割合で混合された飼料を与え、

栄養バランス不良が原因の病気にかかるリスクを減らすことができます。

• 自動給餌で、給餌量を適正に保つことができます。

精密なコントロールを行う、システムの中核部分

• 飼料の投入、混合、給餌は、コントロールシステムが正確に行います。

• 定置型ミキサーの計量装置は、100種類の材料をコントロールできます。 混合飼料は、1日あたり最大24ロットに 分けて製造できます。既存のサイロやバッファーテーブルを、タイプを問わず使用できます。オーガーと給餌テーブルのモーターは自動的に始動して飼料の材料を投入し、混合された 飼料を給餌します。

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.