砂漠で健闘する酪農場

砂漠の中央に世界最大の一体化酪農場があり、毎日100万リットルのミルクを生産しています。

Al Safi農場はリヤド(サウジアラビア首都)から120km南東のAl Sahba渓谷に位置し、敷地は3,500ヘクタールあります。農場で25,000頭のホルスタインを飼養しています。全搾乳プロセスを農場で行っており、店舗に出荷される前に搾乳されたミルクは農場で加工、パッケージされます。牧草、アルファルファ、干し草、サイレージも育成しています。

デラバルは長年Al Safi農場と仕事をしてきています。ファームマネージャー Andrew Oody氏はAl Safi農場の成功の鍵は人材をまとめ、育成したことでだと言います。マネージメントチームは効率性と生産性に注目し、人材育成に投資し、モチベーションを最大限に引き出します。6カ月ごとに全農場600人の人々が集まる1時間の会合があり、クジ、懸賞などもあります。

「全従業員は1年に2回全ての仕事を刷新します。労働力は最大の資産ですので、全員が非常に良くトレーニングされています。成長が認められ部門マネージャーに昇任したミルカーもいます。」とOody氏は言います。

世界一流のミルク生産

過去30年間、Al Safi 農場は酪農業における新しいテクノロジーの研究開発に投資してきました。農場は独自の手法を開発し効率的な生産方法と高品質なミルクで有名です。長年に渡り、 Al Safi 農場は環境保護と地域社会をサポートする優れたプログラムを実施し大きく成長しました。

 Al Safi 農場には素晴らしい予防接種プログラムがあり、牛の健康の鍵となっています。農場のあらゆることが数値にて測定可能です。乳房炎に疾患するのはわずか0.17%でこれ以上改善する必要はないくらいです。

動物福祉の重要性

搾乳パーラーは落ち着きがあり静かで、ストレスがありません。全ての牛が1日に4回搾乳されます。主な理由は牛が涼を求めるためであり、搾乳は体温調節に大きく役立ちます。その結果、乳量増大にも結びついています。牛は天上のある牛舎内でマットの上を歩いてパーラーまで行き、搾乳から戻ると飼槽に常に新鮮な飼料があります。それは温暖な気候の下では飼料の美味しさが急速に失われていくため重要です。牛は1日6回給餌されます。マネージメントチームは牛の身体的な健康だけでなく、精神的な安定にも力を注いでいます。全ての牛が快適で安心して生活していることが大切です。

井戸の深層水

農場の水資源は砂漠を掘り2,000m の深さのある井戸から供給されます。水は地熱活動により自然に温められ、60度あります。水は池に入れられ使用前にプレートクーラーで冷却されます。全ての水がリサイクルされます。井戸水は牛群の飲料水や現場に水をまく水資源として使用されるだけでなく、サウジの熱と戦うためにも使用されます。全ての建屋がKorral Koolと呼ばれるクーリングシステムを装備しています。

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.