持続可能な食料生産のために

持続可能な食料生産は注目の話題です。持続可能性のコンセプトは気候と環境だけでなく経済的、社会的、倫理的側面も含み、家畜を飼養するための必要条件でもあります。

 

スウェーデンの農業科学大学のSigrid Agenas氏は反芻動物について研究しており、未来の食料生産に関して幅広い議論を望んでいます。そのためには、大学飼料アドバイザー、農家、政府機関、企業の協力が必要です。

農場の収益は動物福祉を改善し、気候や環境への負荷を軽減する投資を実行するために必要なものです。また、農家は従業員に給料を支払い、収益の一時的な変動に対応しなければなりません。

2017年5月のワークショップで、スウェーデン農業科学大学の科学者約50人が家畜農業の収益性について議論し、同時に農場の業績に影響を及ぼす要因が発表されました。農場での各作業を農場の最終損益にどのくらい影響を与えるか金額に置き換えることで様々な要因が測定可能になりました。

一方で、世界的な環境目標を考慮し、利害の対立を解決しなければなりません。例えば、生物の多種多様性にプラスになり、自然資源を有効活用する放牧ベースのミルク生産を実施すべきか?また、気候変動の影響が少ない飼料を用いた集約的ミルク生産を実施すべきか?現在、このような問題は個々の酪農家、消費者側に委ねられています。そのため、様々なスキルを一体化し数多くの要因・問題を数値化する研究プロジェクトが必要とされています。大学、飼料アドバイザー、酪農家、政府機関、業界企業の間で協力しなければなりません。

個々の問題を全体として考えることによって、最善の解決策が見つかるでしょう。持続可能な食料生産は可能であると信じることが実現への第一歩となります。

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.