食品開発

ミルクは最初の食べ物であり、健康のための基本構成要素を含んでいます。人々はミルク中のカルシウムが強い骨と歯を作ると認識しています。ミルクと乳製品はカルシウムが最も豊富な食品です。

研究により、ミルク中に100以上の異なる要素が含まれていることが確認されました。ミルクや乳製品を消費すると骨や免疫力が強化され、血圧、虫歯、癌のリスクを低減します。

ミルクの持続可能な社会的プログラム

学校用牛乳プログラム

食品開発オフィスは発展途上国で学校用牛乳プログラムと酪農開発プロジェクトを開始し、支援しています。これらのプロジェクトの目標は牛から顧客までいたるところで地域のミルクセクターを発展させることにより、持続可能な酪農を達成することです。

地域のミルク生産を基本とした学校用牛乳プログラムは、地域で生産された高品質なミルクの需要を生み出すことによって、持続可能な経済発展のための基礎を作り出します。

国連開発プログラムの支援

食品開発オフィスは官民のパートナーシップを後押しします。2005年に、デラバルとテトラパックの食品開発活動は食糧農業機関(FAO)と民間セクター間の連携の良い例として国連のFAOに選ばれました。

食品開発プログラムは、国連ミレニアム開発目標を支援する高名な2006年ワールドビジネス賞 を受賞しました。食品開発は現在世界40ヶ国以上の国々で酪農開発プロジェクト、学校用牛乳プログラムに従事しています。

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.